Up 「波」とは何か 作成: 2017-10-27
更新: 2017-11-03


    ここに,玉が横一列に並んでいる。
    玉は,左の玉の動きにつられて動くという性質をもつとする。
    このとき,左端の玉 (Aとする) が動くと,その動きは右の方に伝わっていく。

    この現象は,「波」である。
    そして玉がこのときの「波の媒質」ということになる。


    Aが上下に動くと,上下に動く運動が右の方に伝わっていく。
    形としては,山谷の繰り返しになる。
    Aが左右に動くと,左右に動く運動が右の方に伝わっていく。
    形としては,粗密の繰り返しになる。
    前者は,玉の運動の向きが波の進行方向に対して垂直である。
    「進行方向に垂直」を「横方向」と見なして,この波を「横波」という。
    後者は,玉の運動の向きが波の進行方向と同じである。
    「進行方向と同じ」を「縦方向」と見なして,この波を「縦波」という。




    上の2つの波は,Aの運動が1次元である。
    そこで,Aの運動が2次元である場合も,チェックしておこう。
    つぎは,2次元運動の最も単調な場合である:
      Aが,玉の横一列方向と垂直な面で,円運動をする。
      この運動は右の方に伝わって,螺旋形の波を現す。

    Aの運動は,3次元でもかまわない。
    また,上の例では「波」らしい絵をつくるためにAの運動を<繰り返し運動>にしたが,<繰り返し>は波の要件ではない。
    要は,Aのどんな動きも,右の方に伝わっていくわけである。

      学校理科の「波」は,「縦波・横波」「振動」のはなしである。
      これは,波の本来の意味──「<隣と関係する>が伝わる現象」──を伝えないもの,即ち「波」の意味を誤解させるもの,になっている。


    しかも以上は,波が<運動>の伝播の場合である。
    実際は,波は<運動>の伝播である必要はない

    ホタルの光の点滅は,個体が周囲の仲間の点滅に同期する。 この結果,全体として光の波を現す。
    温度の昇降の伝導は,温度の波を現す。
    生産・消費スタイルの感染は,経済の波を現す。
    要は,<隣を真似る>はどれも波になるということである。

    さらに,<真似る>である必要もない
    <隣に反発する>も,伝わっていくから,波になる。

    こうして,つぎが波の意味を最も一般的に言い表すことばになる:
      「<隣と関係する>が伝わる現象」
    <関係する>の内容はいろいろである。
    波は,いろいろに,そしていくらでも複雑に,考えられる。


    波──<隣と関係する>の伝播──を理解したいとする。
    これは,「関係」の5W1Hを理解したいということである。
    この探求では,数学が必要な言葉になってくる。
    そしてこれを行うとき,「波動力学」という科学分野が出来上がってくるというわけである。