Up 経済学 作成: 2014-10-07
更新: 2020-11-25


財政が「収支」と思われているのは,幻想である。
実際,毎年,税収をはるかに上回る額が支出に計上されている。
国の「債務」は天井知らずで,返済などあり得ない額になっている。
税は,いまは「格差の調整」の意味しかもてない。
消費税なんぞは,これによる税収増は数兆円規模であり,数値的にはまったく意味がない。
「財政健全化」の標語は,ただの欺瞞である。

財政が「収支」でないとしたら,では何なのか。
「通貨量の調整」である。
財政の仕事は,不況を起こさないことである。
不況になりそうなときは,「財政出動」で応じる。
この中身は「金造り」である。
国にとって金は,裁量で自由に造るものなのである。

日本を「借金大国」と呼び,異常な国のように論じるのも,お終いである。
欧米主要国も,新型コロナ対応の失政 (自粛管制) で,「財政出動/金造り」型財政の国になった。
「財政出動/金造り」型財政は螺旋であって,いったんこれに入るともう抜けられないのである。

「財政出動/金造り」型財政の国は,不労者・無産者になっても「手当」で生きていかれる国である。
「手当」は,金を造って渡すだけのことであり,元手がかからないからである。
「年金」は,基金の運用で成り立っているのではない。財政出動/金造りで成り立っているのである。

こうして,通貨に根拠 (労働量とかGDP とか) を立てる経済学はすべて無効になる。
通貨を無根拠と定める経済学──財政を無規範・無軌道と定める経済学──が立たねばならない,というわけである。


作  業

作 業 値


作成/更新履歴
  • 幻想「デジタル人民元の脅威」: 要旨 (2020-11-25)
  • 国をカモにする : 要旨 (2020-11-24)
  • 「マイナ口座」: 要旨 (20-11-13)
  • 国際シンジケート体制が必要条件 : 要旨 (20-11-12)
  • P2P通貨 : 要旨 (20-11-11)
  • ミスリーディング用語「電子マネー」 (更新 20-11-11)
  • 波動理論 : 要旨 (20-11-09)
  • 「風が吹けば桶屋が儲かる」: 要旨 (20-11-09)
  • 「財政収支」: 要旨 (20-11-08)
  • 2極分化 : C/S通貨 vs P2P通貨 (20-11-08)
  • 「民間銀行」の消去 : 要旨 (20-11-07)
  • ミスリーディング用語「電子マネー」 (20-11-06)
  • 通貨原論方法論 : 要旨 (20-11-05)
  • 通貨原論 : はじめに (20-11-04)
  • 「デジタル円」プロジェクト : 要旨 (20-10-31)
  • 「デジタル円」プロジェクト : 要旨 (20-10-31)
  • 「バーチャル通貨」の意味がわかっていない (20-10-30)
  • 「中銀デジタル通貨」は,無用の長物 (20-10-29)
  • 中銀デジタル通貨なら信用できる」について (20-10-28)
  • 仮想通貨 = ダーティーマネー」について (20-10-27)
  • 「バーチャル」の思想 (20-10-26)
  • 「デジタル通貨」とは (更新 20-10-23)
  • 「デジタル通貨」と「電子マネー」の混同 (更新 20-10-23)
  • 経済学「序」 (更新 20-10-21)
  • 国民管理・監視・統制 : 要旨 (20-10-19)
  • 中銀国民口座の含蓄 (更新 20-10-19)
  • 本人確認厳格化の不便 (20-10-18)
  • 「中銀デジタル通貨」: 要旨 (20-10-16)
  • 銀行再編 : 要旨 (20-10-16)
  • 貯金マネーと財布マネーが一つに : 要旨 (20-10-15)
  • 『中銀デジタル通貨』: はじめに (20-10-14)
  • 経済学「序」 (17-03-18)

  •  
    作業用データベース