Up アイヌ学 :「アイヌ」 作成: 2016-05-17
更新: 2017-03-13

作業中

アイヌ学
0. 『基礎知識・用語』
1. 『「アイヌ」』
2. 『アイヌの終焉』
3. 『アイヌ系統者』
4. 『"アイヌ" (「アイヌ」自称者)』
5. 『 "アイヌ民族" イデオロギー』
6. 『"アイヌ" 運動』
7. 『アイヌ学者の終焉』
8. 『「アイヌ利権」』
9. 『シャモヘイト・アイヌヘイト』
10. 『アイヌ学 (学問) へ』
11. 『備考 : "差別反対!"イデオロギー』

作成/更新履歴
  • 「アイヌ」とは? : 要旨 (17-04-07)
  • 「アイヌ」は,「和人」が必要条件 (17-03-30)
  • 鉄器農耕と石器漁猟採集の界面文化 (17-03-30)
  • アイヌ通史 (17-03-13)
  • 蝦夷乱──対和人服従関係の決定化 (17-03-10)
  • カテゴリー「アイヌ」の落し所 (17-03-10)
  • アイヌの人口 (16-12-02)
  • アイヌ通史/高倉新一郎 (16-11-29)
  • アイヌの終焉 : 要旨 (16-11-19)
  • 和人依存 (16-11-19)
  • 「アイヌと和人」: 要旨 (16-11-19)
  • カテゴリー「アイヌ」の落し所 (16-11-19)
  • 「アイヌ文化期」 (16-11-17)

  •     
     0 導入

     0.1 はじめに


     1 「アイヌ」とは?

     1.0 要旨

     1.1 「アイヌ」の定義──定義方法論
      1.1.0 要旨
      1.1.1 カテゴリー「アイヌ」の落し所
      1.1.2 「アイヌ文化期」

     1.2 「アイヌ」と「和人」
      1.2.0 要旨
      1.2.1 鉄器農耕と石器漁猟採集の界面文化
      1.2.2 「アイヌ」は,「和人」が必要条件

     1.3 「アイヌ」の同定
      1.3.0 要旨
      1.3.1「諏訪大明神絵詞」
      1.3.2 アイヌの人口

     1.4 アイヌの系統
       『アイヌ系統者』


     2 アイヌ史

     2.0 要旨

     2.1 アイヌ通史
      2.1.0 要旨
      2.1.1 アイヌ通史/高倉新一郎
      2.1.2 <系の遷移>の視点からの通史

     2.2 アイヌ史概要
      2.2.0 要旨
      2.2.1 蝦夷──和人の辺境
      2.2.2 館──和人地
      2.2.3 ウイマム──和人・アイヌ交流
      2.2.4 松前城下市──交易商人の蝦夷進出
      2.2.5 場所制度──和人・アイヌ物交流/物交換
      2.2.6 蝦夷乱──アイヌの対和人服従関係の決定化
      2.2.7 物々交換レート──商品経済の我利本位全開
      2.2.8 場所請負制──<被雇用アイヌ>の始まり
      2.2.9 乙名・小使──中間管理職アイヌ
      2.2.10 場所の発達──<被雇用>がアイヌに定着
      2.2.11 蝦夷統治の方法変更──アイヌ同化
      2.2.12 場所経営の悪化──アイヌ虐使
      2.2.13 アイヌの衰減
      2.2.14 北海道開拓──アイヌ漁猟採集文化の終焉

     2.3 「和人のアイヌ支配」
      2.3.0 要旨
      2.3.1 アイヌの和人依存
      2.3.2 物交換の内容
      2.3.3 アイヌの終焉 : 「同化」という「和人依存」


     3 アイヌの終焉
       『アイヌの終焉』


     4 アイヌ文化 (アイヌの生活)
       『アイヌ学 (学問) へ』


     5 閉じ

      おわりに