Up 思想としての「生物」 作成: 2015-03-01
更新: 2015-03-13


(枠組手探り中)

作成/更新履歴
  • 確率論的モデル (15-03-12)
  • 「システム生物学」 (15-03-12)
  • システムの中の分子マシン : 要旨 (15-03-12)
  • 「生命解明は分子マシン解明」の思い (15-03-12)
  • 「分子マシン」の概念 : 要旨 (15-03-12)
  • 分子マシン各論の形 (15-03-11)
  • 分子マシンの多様性 : 要旨 (15-03-11)
  • 「認識論」の定位 (15-03-10)
  • 「分子は認識する」 (15-03-09)
  • 細胞 (15-03-09)
  • 地球変動と生物 (15-03-09)
  • カラダの物理特性との関係 (15-03-08)
  • エネルギー的意味 (15-03-08)
  • 有機化合物成分の出自・合理性 (15-03-08)
  • 水成分の出自・合理性 (15-03-08)
  • 傾向性の多様性即ちマシンの多様性 (15-03-07)
  • 分子の動作は傾向性の発現 (15-03-07)
  • 分子の傾向性 : 要旨 (15-03-07)
  • 動作メカニズム解明の困難 (15-03-07)
  • 分子は動作する (15-03-07)
  • 「分子マシン」: 要旨 (15-03-07)
  • 分子生物学 (15-03-07)
  • 分子 : 要旨 (15-03-07)
  • 自分 : 要旨 (15-03-06)
  • 組織 : 要旨 (15-03-06)
  • 生物個体の<系−個>階層構造 : 要旨 (15-03-06)
  • 「個体」の一般的定立は成らない (15-03-04)
  • ヒトの種の衰滅 (15-03-04)
  • 「自然淘汰」の用語について (15-03-04)
  • 種の衰滅のメカニズム (15-03-04)
  • 種の衰滅 : 要旨 (15-03-04)
  • 「突然変異」の用語について (15-03-04)
  • 変異産出のメカニズム (15-03-04)
  • 変異 : 要旨 (15-03-04)
  • 多種多様化 : 要旨 (15-03-04)
  • 細胞 : 要旨 (15-03-03)
  • 「最適」 (15-03-03)
  • 「種における個の新陳代謝の方法」 (15-03-03)
  • DNA の意義:要旨 (15-03-03)
  • 自己保存する系──新陳代謝 : 要旨 (15-03-03)
  • 自己保存する系 : 要旨 (15-03-03)
  • ウィルス : 要旨 (15-03-03)
  • 陸上植物:要旨 (15-03-03)
  • 生物は,始原一系統 (15-03-03)
  • 「歴史」と「進化」: 要旨 (15-03-03)
  • 有機物から生命への階梯の不明 (15-03-03)
  • 原核細胞・真核細胞 (15-03-02)
  • 真核生物・多核生物・多細胞生物 (15-03-02)
  • 光合成細菌 (15-03-02)
  • 原核生物 (嫌気性細菌) (15-03-02)
  • 化学進化 (15-03-02)
  • 生命誕生:要旨 (15-03-02)
  • 地球誕生 (15-03-02)
  • 生物の出現:要旨 (15-03-02)
  • はじめに (15-03-01)

  •     
       導入

      はじめに


     1 生物の歴史

     1.0 要旨

     1.1 「歴史」と「進化」
      1.1.0 要旨
      1.1.1 生物は,始原一系統

     1.2 地球史
      1.2.0 要旨
      1.2.1 地球誕生
      1.2.2 地球変動と生物

     1.3 生命誕生
      1.3.0 要旨
      1.3.1 化学進化
      1.3.2 有機物から生命への階梯の不明

     1.4 多細胞生物まで
      1.4.0 要旨
      1.4.1 原核生物 (嫌気性細菌)
      1.4.2 光合成細菌
      1.4.3 真核生物・多核生物・多細胞生物

     1.5 陸上植物
     1.6 脊椎動物
     1.7 人類


     2 生物の成分

     2.0 要旨

     2.1 水
      2.1.0 要旨
      2.1.1 水成分の出自・合理性

     2.2 有機化合物
      2.2.0 要旨
      2.2.1 有機化合物成分の出自・合理性
      2.2.2 エネルギー的意味
      2.2.3 カラダの物理特性との関係


     3 自己保存する系

     3.0 要旨

     3.1 自己保存する系──新陳代謝
      3.1.0 要旨
      3.1.1 新陳代謝

     3.2 DNA の意義
      3.2.0 要旨
      3.2.1 「種における個の新陳代謝の方法」
      3.2.2 「最適」

     3.3 ウィルス
      3.3.0 要旨


     4 多種多様化

     4.0 要旨

     4.1 変異
      4.1.0 要旨
      4.1.1 変異産出のメカニズム
      4.1.2 「突然変異」の用語について

     4.2 種の衰滅
      4.2.0 要旨
      4.2.1 種の衰滅のメカニズム
      4.2.2 「自然淘汰」の用語について
      4.2.3 ヒトの種の衰滅


     5 生物個体の<系−個>階層構造

     5.0 要旨

     5.1 個体 (カラダ)
      5.1.0 要旨
      5.1.1 「個体」の一般的定立は成らない

     5.2 器官
      5.2.0 要旨

     5.3 組織
      5.3.0 要旨

     5.4 細胞
      5.4.0 要旨
      5.4.1 細胞
      5.4.2 原核細胞・真核細胞
      5.4.3 単細胞生物

     5.5 分子
      5.5.0 要旨
      5.5.1 分子生物学


     6 分子マシン

     6.0 要旨

     6.1 「分子マシン」の概念
      6.1.0 要旨
      6.1.1 「生命の解明は分子マシンの解明」の思い
      6.1.2 分子は動作する

     6.2 分子の傾向性
      6.2.0 要旨
      6.2.1 分子の動作は傾向性の発現
      6.2.2 「分子は認識する」
        「認識論」の定位

     6.3 分子マシンの多様性
      6.3.0 要旨
      6.3.1 傾向性の多様性即ちマシンの多様性
      6.3.2 分子マシン各論の形

     6.4 システムの中の分子マシン
      6.4.0 要旨
      6.4.1 「システム生物学」
      6.4.2 確率論的モデル

     6.5 動作メカニズムが課題
      6.5.0 要旨
      6.5.1 動作メカニズム解明の困難
      6.5.2 「一分子生物学」

     6.6 分子マシン各論
      6.6.0 要旨
      6.6.1 「自己組織化」
      6.6.2 「認識」
      6.6.3 「エネルギー変換」
      6.6.4 「酵素」


     7 


     8 自分

      『わたしとは何か』

     8.0 要旨

     8.1 記憶
      8.1.0 要旨

     8.2 遊び
      8.2.0 要旨

     8.3 社会
      8.3.0 要旨


     9